広告に動画を使ったら

広告手段は様々あり予算とアイデア次第でいかなる表現も可能ですし、利用できるマーケティングツールも様々です。一般的に使われている方法で身近にみかけるものだけで紙・テレビ・ラジオ・リスティング・ディスプレイ・ソーシャルメディア・アフィリエイト・動画などこれだけあります。テレビ広告はいわゆる実写版ですから大がかりで最も経費がかかり、とても中小規模の法人や団体が手軽に活用できるものではないというのが、従来のイメージでした。

動画の制作会社経由で作成すると、意外とリーズナブルに告知できる事はあまり知られていません。画面に文字が出てきたりイラストが使われていたりはたまたフラッシュ加工がされていたりするものの多くは、動画サイトと同じく特殊アプリを使って編集されたものなのです。もちろん人件費もかかっている分他の動画広告と比べれば、若干高めの見積もりを出される事が多いのは現実ですが、一度動画CMを作ってしまうと多種多様なツールが同時に活用できますから、世代を超えて露出度が大幅に拡大するのは間違いありません。

こうした使い勝手の良さが評価されて自社PRを動画で作成するケースが増えているのです。アニメーション広告であれば素人でもちょっとした広告が作れてしまうほど高性能なソフトが、様々開発されていますから自力で広告を作成する事も可能ですが、完成度の高さや人の感覚に直接訴えてくる巧みな表現力は、やはりプロの製作会社に勝るものはありません。アイデアしだいではあらゆる表現やアピールの形がつくれるというのも、動画の良いところです。動画広告を商材にしたシステムも複数開発されていますから、なるべく安い経費で効率良くマーケティングに生かしたいと思っているなら、動画の活用を積極的に検討してみる事をおすすめします。今回は動画の制作会社に依頼した動画を使用した広告の効果についてお話します。