月別: 2017年3月

利用者の評判と効果

動画広告の表示方法は一般的に人気動画プラットフォームでの動画に、個別に添付されほんの5分間だけ表示されるという形や、合わせてタイムラインにバナーが貼られるタイプがあるのですが、間接的にSNSユーザーに動画がアップ・拡散されれば仮に5分だけであっても表示数は増える事になります。最新のものではとりあえずバナーは貼ってあるのですが、際だってPRしているわけではなく動画の中にさりげなく自社商品がワンシーンの小道具として使われているだけ、動画に興味を持ったユーザーがSNSで拡散して動画が繰り返し表示されれば、自然と自社製品という小道具が多くの人の目にふれる事になります。

ついでに自社商品はこのように活用できるのだという暗黙のPRをしてもいるのです。ようはSNSで拡散される事を計算の上での広告らしからぬ広告動画という事になります。実に計算しつくされた見事な演出ですし観ている方も嫌み無く、むしろほっこりとさせられますから、最後まで観てしまいますがしっかり商品名は脳裏に焼き付かれます。

多くの動画ファンが飽き飽きするほど見慣れた手法とあわせてSNS・動画と二本立ての広告表示のタイプは、はたして効果があるのかリサーチされたデーターによると他のアフィリエイト広告と比較しても倍近くの認知と記憶、および商品購入があったという結果となっていますから、やはりSNSと連動させた戦略は大成功という事になります。一部はテレビCMと連動しているものもありちらしやパンフレット、およびイベントなどの従来の宣伝方法と一緒のPRは、かなりの経済効果を期待できる事この上もないという事で、ますます需要が伸びるであろうPRツールです。

各種動画広告のご案内

動画の制作会社に広告を依頼する最大のメリットは、なんと言っても安さと宣伝効果および短期間での効果を実感できる事です。背景にあるのは豊富なツールですし、スマホの普及で活用できるツールが格段に増えた事も動画人気に影響を与えています。こうしたツールの開発にはたくさんの有能なクリエイターらが関わっている事は忘れないでください。

動画広告は大きく分けて4つあります。最もよく閲覧されているものの1つに動画プラットフォームがあり、お目当ての動画を開くのと同時に最初に始まる広告は、賛否両論ありつつも最も標準的に活用されています。インストリームと呼ばれているのがそれです。アフィリエイト報酬を得ているユーザーもいますから当分はなくならないはずです。

一般的なアフィリエイト広告の中でも動画広告が貼り付けられるインバナーも健在です。ホームページを開くたびに表示されますから露出度は大きいですし、一枠に複数の広告がランダムに表示されるのが特徴です。個人サイトが媒体の主流となりますから人気サイトでクリック数が多い事が条件になります。SNSでよく見かけるようになった動画広告でニュースフィードやタイムラインなどでよく見かけますが、アクセスしてもらうためには広告主の手間も必要です。ニュースサイトでも動画広告を見かけるようになりました。たまにテレビCMと連動した動画広告を見かけますが、動画広告というと以上のように各種表示ツールがあるという事で最もよく閲覧される動画プラットフォームから始まって予算に応じた表現方法とツールを選べるのが動画の利点でもあります。

広告に動画を使ったら

広告手段は様々あり予算とアイデア次第でいかなる表現も可能ですし、利用できるマーケティングツールも様々です。一般的に使われている方法で身近にみかけるものだけで紙・テレビ・ラジオ・リスティング・ディスプレイ・ソーシャルメディア・アフィリエイト・動画などこれだけあります。テレビ広告はいわゆる実写版ですから大がかりで最も経費がかかり、とても中小規模の法人や団体が手軽に活用できるものではないというのが、従来のイメージでした。

動画の制作会社経由で作成すると、意外とリーズナブルに告知できる事はあまり知られていません。画面に文字が出てきたりイラストが使われていたりはたまたフラッシュ加工がされていたりするものの多くは、動画サイトと同じく特殊アプリを使って編集されたものなのです。もちろん人件費もかかっている分他の動画広告と比べれば、若干高めの見積もりを出される事が多いのは現実ですが、一度動画CMを作ってしまうと多種多様なツールが同時に活用できますから、世代を超えて露出度が大幅に拡大するのは間違いありません。

こうした使い勝手の良さが評価されて自社PRを動画で作成するケースが増えているのです。アニメーション広告であれば素人でもちょっとした広告が作れてしまうほど高性能なソフトが、様々開発されていますから自力で広告を作成する事も可能ですが、完成度の高さや人の感覚に直接訴えてくる巧みな表現力は、やはりプロの製作会社に勝るものはありません。アイデアしだいではあらゆる表現やアピールの形がつくれるというのも、動画の良いところです。動画広告を商材にしたシステムも複数開発されていますから、なるべく安い経費で効率良くマーケティングに生かしたいと思っているなら、動画の活用を積極的に検討してみる事をおすすめします。今回は動画の制作会社に依頼した動画を使用した広告の効果についてお話します。